株式会社タニサケ 松岡会長

【当主より】

ひとりごと 2018年7月13日(嬉しい便り)
昨日、「ゴキブリだんご」で有名な株式会社タニサケの松岡浩会長から連絡をいただきました。
松岡会長とのご縁は、前に私が講演をさせていただいた宮崎県の大宮中学校の水元校長先生が、私の本を松岡会長にプレゼントしてくださったことがきっかけで始まりました。
読んでくださった松岡会長から「周りの多くの人達に本を贈りたいから、本を送って欲しい」とのご連絡があり、その後も追加で2回のご注文をいただきました。
昨日、電話があり「西亀さん、本をプレゼントした方から、嬉しい便りが来たので、FAXを送りますね」の言葉の後にお便りの内容を読んでくださいました。
【前略 松岡様】
昨日(七月九日)仕事を終えて、帰宅したら、松岡様より贈り物の西亀様の著書が届いてました。
玄関で私は、その著書を40ページ一気に読んでしまいました。
汚れた作業服、長グツもはいたままで。
感動、感激です。
こんな心の強い人、いやどんな困難も乗り越えて行く人がおられたとは。まいりました。
ワシは、何をしとんじゃい、コラ 。
という気持ちが沸いてます。
自分で出来る良い事を一つ一つ
コツコツやるしかないですね。
それがいつか大河となって行くんですね。
【鳥取県 mさん 66歳】

私の本が、松岡会長の真心により、遠い所に届けられ、その場所で私が全く知らない方の何らかのお役に立てたこと…。
私は電話でその経緯を会長からお聞きしながら、つい涙声になっていました。
考えてみたら、私が本の中に書かせていただいた宮崎県の水元校長先生に、本をプレゼントしたところから始まったのでした。
宮崎県から、岐阜県の松岡会長に渡り、次に鳥取県に移り、また岐阜を経由して、大阪の私のところに大きな感動となって帰って来ました。
私が47都道府県の一人旅で沢山の方に助けていただき、その感謝の気持ちを本に書いたことで、その感謝の気持ちが助けていただいたあちこちに伝わっているのが、とても嬉しいです。
いつか、こんなエピソードが47都道府県の全部に広がったら、どんなに素敵でしょう…。
松岡会長のお電話から、こんな素敵な夢を持たせていただくことになり、とても幸せです。 ありがとうございます。 にこっ!


幸せの入り口屋 公式ホームページ

ようこそ、幸せの入り口屋 公式ホームページへ! 私は「心の眼と、耳」で、お話を聴かせて頂き、 その方の「幸せの入り口」を見つけ、夢の実現のお手伝いをさせていただきます。 どうぞ、「幸せの入り口」に立って、見る景色をあなたのこれからの「未来の希望」にしてください。

0コメント

  • 1000 / 1000