当主よりご挨拶

はじめまして

「幸せの入り口屋」 初代当主 亀ちゃんこと西亀真(にしかめ まこと)です。

私は盲人で目は見えませんが、とても幸せな毎日を送っています。

 昔、尊敬する盲人の方から「障害を壁と思うか、扉と思うか、それは本人次第」の言葉を教えてもらいました。

身体の障害に限らず、老いるということ、学歴がないということ貧乏な家に生まれたということ、

男であるからや、女だからなど、障害と思えることが沢山あります。

それを「壁」と思えば、前には進めません。

人は幸せな人生を送りたいと願っています。

しかし、時として壁に阻まれ、一人では「幸せの入り口」が見つけられなくなる時があります。

そんな時、私の講演や、心の眼を開く「心眼塾」や、カウンセリングとコーチング、それと私の書いた本『幸せの入り口屋 いらっしゃいませ ~あっ、私、目が見えなくなったこと忘れていました~』 

などによって、その方の「幸せの入り口」を一緒に見つけることが出来た時、その方と私に大きな幸せの感動が生まれます。

私は「心の眼と、耳」で、お話を聴かせて頂き、その方の「幸せの入り口」を見つけ、夢の実現のお手伝いをさせていただきます。

どうぞ、「幸せの入り口」に立って、見る景色をあなたのこれからの「未来の希望」にしてください。

このページによって、あなたとの「ご縁の入り口」に立てたことを、心から感謝します。  

                          盲目のセラピスト 西亀 真

初代当主 西亀 真 PRムービー

プロフィール

幸せの入り口屋 

当主 西亀 真  (にしかめ まこと)

1957年広島県三原市生まれ。

「幸せの入り口屋」初代当主

高校卒業後、大阪の大手百貨店に入社。

コンピュータ部門でシステムエンジニアとして勤務。

1995年に目の難病「網膜色素変性症」を発症。視力・視界が失われてゆく中、関西カウンセリングセンターで資格を取得、社員初の産業カウンセラーに抜擢、任命される。

プライベートでは、2015年、自信を付けるため全国47都道府県と、ニューヨークの「一人旅」を実現。沢山の人脈と、学びを得る。『障害を壁と思うか、扉と思うか、それは本人次第』を信条とし、夢をあきらめかけている人に「幸せの入り口」を共に見い出し、夢の実現のお手伝いをすると決意。

現在、全国各地での講演活動、セミナー(話し方、聴き方)「心眼塾」「亀ちゃん道場」を開講。

著書に「幸せの入り口屋 いらっしゃいませ」(ごま書房新社)がある。