交野市の中学校で講演会

◇ひとりごと 2018年11月20日(人生を楽しく送ること) 


11月12日(月)に、交野市にある中学校で、1年生を対象にした講演をやらせていただきました。 

体育館に集まった生徒の皆さんは、とても元気よく私を迎えてくれました。 

最初に「私は西亀真と言います。亀さんと呼んでください」と、言った瞬間に、

中ごろの男子生徒が「亀さーんっ!」と、声を出してくれ、空気が和みました。 

終始、温かい空気に包まれ、とっても話しやすい講演でした。 

私の本にも書いた、盲学校で体験した夏休みの話や、人生のパズルの話、

日本全国47都道府県とニューヨークの一人旅の話などを聞いてもらいました。 

皆さん、とてもよく聞いてくれ、終わった時には想像をはるかに超える大きな拍手をプレゼントしてくれました。 

「あぁ、ここでやらせていただき、本当に良かった」と、幸せな気持ちになれました。

 帰ってからも「目が見えなくなった私でも、子ども達に何か伝えられることがあるっ て、嬉しいな」と、幸せな毎日でした。 


数日して、担当の先生から郵便が届きました。 何と、生徒の皆さんからの感想文でした。 

読んでもらううちに、涙が溢れて来ました。 

「こんなにも私の話をしっかり聞いてくれていたのか。こんなにもこれからの人生に 役立てようとしてくれているのか…」と考えたら、感激で涙がこみ上げて来ました。

 余りにも嬉しかったので、ここに感動を皆さんと共有させていただきます。


 【西亀さんが人生をパズルにたとえることが本当にいいなと感激しました。 どんなに嫌なことがあってもそれを乗り越えることによって、次のピース(幸せ)が訪 れることを知って本当に良かったと思いました。 私はプリントの右側、裏、そして表の左側が全てうまるくらいたくさんメモしました。 なぜなら、おっしゃっていることが全て素晴らしく、お手本となるような事だったか らです。

 私の人生を送ることに大きくこのお話が大きく携わることと思います。 ですので、人生を楽しく送ることを教えてくださった西亀さんに、たくさん感謝したいと思います。

 私も一度ものすごく苦しいことがあったけど、その時はどうしたらいいか分かりませ んでした。

でもこれからは、この言葉を大切にしたいです。】 


他にも、素敵な言葉を沢山、沢山いただきました。

 私は今、本当に幸せです。 

ある人が私に言ってくれました。 

「亀ちゃん、目が見えなくなって、本当に良かったなぁ」と。 

目が見えていたら、この中学校に行かせてもらうことはなかっただろうし、この幸せ を感じることはなかったと思います。 

話を聞いてくれた素直で、素敵な中学生の皆さんに感謝します。

 そして、こんなに幸せに感じさせてくれている周りのすべての皆さんに感謝します。 

ありがとうございます。

 このご縁に感謝して…。  亀ちゃん

幸せの入り口屋

ようこそ、幸せの入り口屋へ! 私は「心の眼と、耳」で、お話を聴かせて頂き、 その方の「幸せの入り口」を見つけ、夢の実現のお手伝いをさせていただきます。 どうぞ、「幸せの入り口」に立って、見る景色をあなたのこれからの「未来の希望」にしてください。

0コメント

  • 1000 / 1000